loading...
特待生制度・奨学金制度
特待生制度・奨学金制度

特待生制度・奨学金制度

特待生制度

優れた成績で入学した学生及び前年度の成績優秀者に対して、授業料の減免を行います。(若干名)

(1)1年次特待生審査対象者

・一般入試1期合格者
・推薦入試および特別入試1期合格者のうち特待生希望者
(ただし、一般入試1期を受験する必要が有ります。その場合は、一般入試1期の検定料は無料です。)

※2年次以降は、前年度の学業成績等により審査します。

(2)減免額

学納金のうち授業料の全額(68万円)または半額(34万円)を減免

(3)減免期間

1年間

奨学金制度

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金 日本学生支援機構奨学金

経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し、学資として奨学金を貸与する機関です。
貸与終了後に返還の義務が生じます。

(1)奨学金の種類

奨学金の種類 貸与始期 貸与始期
第一種奨学金
【無利子貸与】
平成29年4月 <自宅>   54,000円 または 30,000円
<自宅外> 64,000円 または 30,000円
第二種奨学金
【有利子貸与】
平成29年4月~9月
の間で希望する月
30,000円・ 50,000円・80,000円・100,000円・120,000円
※上記5種類の中から選択できます

※初回振込み…6月中旬(予定)

(2)貸与の条件

〈学力基準〉
【第一種奨学金】
①高校における成績の平均が3.5以上
②高等学校卒業程度認定試験合格者

【第二種奨学金】
①出身学校等における成績が平均水準以上
②特定の分野で優れた資質能力を有する
③学修に意欲があり確実に修了できる見込みがある
④高等学校卒業程度認定試験合格者で上記に準ずる

〈家計基準〉
家計支持者の年間収入及び所得金額から特別控除額等を差し引いた金額が、収入基準以下であること。
(4人世帯及び5人世帯の収入・所得の上限の目安は表のとおり)

世帯人数 通学形態 第一種奨学金 第二種奨学金 第一種奨学金・第二種奨学金併用
給与所得
<収入金額>
給与所得以外
<所得金額>
給与所得
<収入金額>
給与所得以外
<所得金額>
給与所得
<収入金額>
給与所得以外
<所得金額>
4人 自宅 824 392 1,167 735 781 349
自宅外 871 439 1,214 782 828 396
5人 自宅 1,004 572 1,382 950 966 534
自宅外 1,098 666 1,476 1,044 1,060 628

(3)返還について

奨学金の貸与終了時(卒業予定期)に返還の義務が生じます。(3月に貸与終了した場合は10月から返還開始)

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金 日本学生支援機構奨学金

経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し、学資として奨学金を貸与する機関です。
貸与終了後に返還の義務が生じます。

(1)奨学金の種類

奨学金の種類
第一種奨学金
【無利子貸与】
貸与始期
平成29年4月
貸与始期
<自宅>   54,000円 または 30,000円
<自宅外> 64,000円 または 30,000円
奨学金の種類
第二種奨学金
【有利子貸与】
貸与始期
平成29年4月~9月
の間で希望する月
貸与始期
30,000円・ 50,000円・80,000円
100,000円・120,000円
※上記5種類の中から選択できます

※初回振込み…6月中旬(予定)

(2)貸与の条件

〈学力基準〉
【第一種奨学金】
①高校における成績の平均が3.5以上
②高等学校卒業程度認定試験合格者

【第二種奨学金】
①出身学校等における成績が平均水準以上
②特定の分野で優れた資質能力を有する
③学修に意欲があり確実に修了できる見込みがある
④高等学校卒業程度認定試験合格者で上記に準ずる

〈家計基準〉
家計支持者の年間収入及び所得金額から特別控除額等を差し引いた金額が、収入基準以下であること。
(4人世帯及び5人世帯の収入・所得の上限の目安は表のとおり)

世帯人数4人の場合

通学形態 自宅 自宅外

第一種奨学金

給与所得
<収入金額>
824 871
給与所得以外
<所得金額>
392 439

第二種奨学金

給与所得
<収入金額>
1,167 1,214
給与所得以外
<所得金額>
735 782

第三種奨学金

給与所得
<収入金額>
781 828
給与所得以外
<所得金額>
349 396

世帯人数5人の場合

通学形態 自宅 自宅外

第一種奨学金

給与所得
<収入金額>
1,004 1,098
給与所得以外
<所得金額>
572 666

第二種奨学金

給与所得
<収入金額>
1,382 1,476
給与所得以外
<所得金額>
950 1,004

第三種奨学金

給与所得
<収入金額>
966 1,060
給与所得以外
<所得金額>
534 628

(3)返還について

奨学金の貸与終了時(卒業予定期)に返還の義務が生じます。(3月に貸与終了した場合は10月から返還開始)

医療機関による奨学金制度

医療機関による奨学金制度 医療機関による奨学金制度

医療機関の奨学金制度は、基本的に貸与です。
ただし、就職や勤務年数などの条件によって、返還を免除される場合があります。

(1)奨学金制度を設けている医療機関

愛知、岐阜、三重、静岡などの周辺地区、関東・関西方面からも募集があります。

(愛知きわみ看護短期大学実績)
社会医療法人大雄会、医療法人尾張健友会千秋病院、JA愛知厚生連江南厚生病院、稲沢市民病院、小牧市民病院、
JA愛知厚生連海南病院、JA愛知厚生連豊田厚生病院、社会医療法人蘇西厚生会松波総合病院、大垣市民病院、
市立恵那病院、松阪市民病院など

(2)貸与金額

各医療機関によって違いはありますが、月額5万円程度が多いようです。
中には年額で一括貸与をする医療機関もあります。

(3)貸与の条件

学力・健康・人物ともに優れている人。
将来、看護師として活躍できる見込みがあり、大学での4年間をしっかり勉学に励むことができる人に資格があります。
(詳細は、医療機関によって異なります)

(4)返還について

借りたら返すことを目的としている奨学金のため、原則として返還の義務が生じます。
ただし、その医療機関に借りた期間もしくはそれ以上の期間において勤務(就職)すれば返還を免除される場合があります。

(5)メリット

貸与により学納金等の経済的負担を軽減され、就職先も同時に決定(内定)します。

(6)デメリット

4年後、就職活動をする時、他の医療期間に就職することはできません。
また、何らかの理由で学業を継続できなくなった場合、返還の義務が生じます。

※貸与の条件や返還など、内容については各医療機関によって異なります。希望される場合は、契約条項などを確認し慎重に決めてください。

医療機関による奨学金制度

医療機関による奨学金制度 医療機関による奨学金制度

医療機関の奨学金制度は、基本的に貸与です。
ただし、就職や勤務年数などの条件によって、返還を免除される場合があります。

(1)奨学金制度を設けている医療機関

愛知、岐阜、三重、静岡などの周辺地区、関東・関西方面からも募集があります。

(愛知きわみ看護短期大学実績)
社会医療法人大雄会、医療法人尾張健友会千秋病院、JA愛知厚生連江南厚生病院、稲沢市民病院、小牧市民病院、
JA愛知厚生連海南病院、JA愛知厚生連豊田厚生病院、社会医療法人蘇西厚生会松波総合病院、大垣市民病院、
市立恵那病院、松阪市民病院など

(2)貸与金額

各医療機関によって違いはありますが、月額5万円程度が多いようです。
中には年額で一括貸与をする医療機関もあります。

(3)貸与の条件

学力・健康・人物ともに優れている人。
将来、看護師として活躍できる見込みがあり、大学での4年間をしっかり勉学に励むことができる人に資格があります。
(詳細は、医療機関によって異なります)

(4)返還について

借りたら返すことを目的としている奨学金のため、原則として返還の義務が生じます。
ただし、その医療機関に借りた期間もしくはそれ以上の期間において勤務(就職)すれば返還を免除される場合があります。

(5)メリット

貸与により学納金等の経済的負担を軽減され、就職先も同時に決定(内定)します。

(6)デメリット

4年後、就職活動をする時、他の医療期間に就職することはできません。
また、何らかの理由で学業を継続できなくなった場合、返還の義務が生じます。

※貸与の条件や返還など、内容については各医療機関によって異なります。希望される場合は、契約条項などを確認し慎重に決めてください。

各都道府県の奨学金貸与制度

各都道府県の奨学金貸与制度 各都道府県の奨学金貸与制度

(1)愛知県看護修学資金

貸与者の修学を容易にすることにより、県内の看護職員の確保及び質の向上に資することを目的とした奨学金制度です。

貸与金額 振込回数 返還債務が免除となる施設等
36,000円/月 4回/年 就職先:  200床未満の病院、精神病院、診療所または介護老人保健施設等
従事期間: 5年間

(2)岐阜県選奨生制度

大学に在学する学生で、人物及び学業がともに優秀かつ健康であって、経済的理由により修学が困難と認められる者を対象とした奨学金制度です。

貸与金額 振込回数 返還方法 申込資格
32,000円/月 4回/年 卒業後10年間
年2回(計20回)
①岐阜県内に住所を有する者の子弟であること
②人物、学業ともに優秀であること(評定平均3.5以上)
③修学に十分耐え得る健康状態であること
④経済的理由により修学が困難であること

各都道府県の奨学金貸与制度

各都道府県の奨学金貸与制度 各都道府県の奨学金貸与制度

(1)愛知県看護修学資金

貸与者の修学を容易にすることにより、県内の看護職員の確保及び質の向上に資することを目的とした奨学金制度です。

貸与金額
36,000円/月
振込回数
4回/年
返還債務が免除となる施設等
就職先: 200床未満の病院、精神病院、
診療所または介護老人保健施設等
従事期間: 5年間

(2)岐阜県選奨生制度

大学に在学する学生で、人物及び学業がともに優秀かつ健康であって、経済的理由により修学が困難と認められる者を対象とした奨学金制度です。

貸与金額
32,000円/月
振込回数
4回/年
返還方法
卒業後10年間
年2回(計20回)
申込資格
①岐阜県内に住所を有する者の子弟であること
②人物、学業ともに優秀であること
(評定平均3.5以上)
③修学に十分耐え得る健康状態であること
④経済的理由により修学が困難であること