loading...
実習
実習

実習

Training

実習単位と内容

1.看護学実習の目的

看護実践の体験を通して、看護の理論と実践の統合を図り、対象者の特性、生活の場や健康レベルに対応した看護の実践能力を培うとともに、 専門職業人としての倫理観、責任感、探求心を育むことを目的とする。

第1段階の実習

実習科目(単位) 実習内容

基礎看護学実習Ⅰ(1単位)

看護の対象と援助的関係を持ちながら、生活援助のための情報収集、生活援助技術の実施と評価、カンファレンス等の体験を通して看護の機能や看護職の役割を学修する。

基礎看護学実習Ⅱ(2単位)

治療やリハビリの目的で入院中の患者を1事例以上受け持ち、看護の対象を理解して援助的関係を持ちながら、一連の看護過程(情報収集、アセスメント、計画立案・実施・評価)を実践する基礎的能力を学ぶ。

実習科目(単位)

基礎看護学実習Ⅰ(1単位)

実習内容

看護の対象と援助的関係を持ちながら、生活援助のための情報収集、生活援助技術の実施と評価、カンファレンス等の体験を通して看護の機能や看護職の役割を学修する。

実習科目(単位)

基礎看護学実習Ⅱ(2単位)

実習内容

治療やリハビリの目的で入院中の患者を1事例以上受け持ち、看護の対象を理解して援助的関係を持ちながら、一連の看護過程(情報収集、アセスメント、計画立案・実施・評価)を実践する基礎的能力を学ぶ。

第2段階の実習

実習科目(単位) 実習内容 備考

療養生活支援看護実習(4単位)

急性期を脱して、継続して医療やケアを必要としながら長期にわたって病院で療養生活をする患者とその家族を1事例以上受け持ち、退院支援、継続看護、チーム医療を踏まえた看護を実施する。また自宅で生活する患者とその家族を1事例以上受け持ち、患者と家族に対する在宅看護を実践し、チーム医療や他職種との連携・協働の実際と課題について学ぶ。

在宅看護実習を含む

急性期回復支援看護実習
(3単位)

急性期にある患者や周手術期・早期リハビリが必要な患者と家族を1事例以上受け持ち、入院前から退院までの経過の中で必要な看護を実施する。事例によって手術室、ICU病棟、リハビリ病棟、クリニック、入退院センターでの実習も経験する。

高齢者の健康生活支援看護実習Ⅰ
(2単位)

健康や生活上の課題を持ち、地域の保健医療施設や自宅で生活する高齢者とその家族を1事例以上受け持つ。地域包括支援センターやデイケアの利用により、高齢者の健康増進・疾病予防、QOLの向上に向けた看護を実施する。

高齢者の健康生活支援看護実習Ⅱ
(2単位)

治療やケアを必要とする高齢者とその家族を対象に1事例以上受け持ち、健康と日常生活の回復への看護ケアを実施するとともに、退院に向けた看護を実践する。

女性の健康生活支援看護実習
(2単位)

思春期・妊娠・出産・産褥期・更年期の女性とその家族を対象に1事例以上受け持ち、 一連の看護過程を展開する。

こどもの健康生活支援看護実習
(2単位)

外来や保育施設にいて、こどもの健康増進と疾病予防、発達支援や健康な生活への支援を個人又は集団に実施する。病児とその家族を受け持ち、疾病の回復と治療を必要とするこどもの健康回復とQOLを支える看護を実践する。

こころの健康生活支援看護実習
(2単位)

地域で生活する精神に関する健康課題を持つ患者とその家族を1事例以上受け持ち、個人または集団に一連の看護過程を実践する。

実習科目(単位)

療養生活支援看護実習(4単位)

実習内容

急性期を脱して、継続して医療やケアを必要としながら長期にわたって病院で療養生活をする患者とその家族を1事例以上受け持ち、退院支援、継続看護、チーム医療を踏まえた看護を実施する。また自宅で生活する患者とその家族を1事例以上受け持ち、患者と家族に対する在宅看護を実践し、チーム医療や他職種との連携・協働の実際と課題について学ぶ。

備考

在宅看護実習を含む

実習科目(単位)

急性期回復支援看護実習(3単位)

実習内容

急性期にある患者や周手術期・早期リハビリが必要な患者と家族を1事例以上受け持ち、入院前から退院までの経過の中で必要な看護を実施する。事例によって手術室、ICU病棟、リハビリ病棟、クリニック、入退院センターでの実習も経験する。

実習科目(単位)

高齢者の健康生活支援看護実習Ⅰ
(2単位)

実習内容

健康や生活上の課題を持ち、地域の保健医療施設や自宅で生活する高齢者とその家族を1事例以上受け持つ。地域包括支援センターやデイケアの利用により、高齢者の健康増進・疾病予防、QOLの向上に向けた看護を実施する。

実習科目(単位)

高齢者の健康生活支援看護実習Ⅱ
(2単位)

実習内容

治療やケアを必要とする高齢者とその家族を対象に1事例以上受け持ち、健康と日常生活の回復への看護ケアを実施するとともに、退院に向けた看護を実践する。

実習科目(単位)

女性の健康生活支援看護実習
(2単位)

実習内容

思春期・妊娠・出産・産褥期・更年期の女性とその家族を対象に1事例以上受け持ち、 一連の看護過程を展開する。

実習科目(単位)

こどもの健康生活支援看護実習
(2単位)

実習内容

外来や保育施設にいて、こどもの健康増進と疾病予防、発達支援や健康な生活への支援を個人又は集団に実施する。病児とその家族を受け持ち、疾病の回復と治療を必要とするこどもの健康回復とQOLを支える看護を実践する。

実習科目(単位)

こころの健康生活支援看護実習
(2単位)

実習内容

地域で生活する精神に関する健康課題を持つ患者とその家族を1事例以上受け持ち、個人または集団に一連の看護過程を実践する。

第3段階の実習

実習科目(単位) 実習内容 備考

総合看護実習(3単位)

地域や在宅で生活する人とその家族が必要とする総合的なケアを立案し、多様な施設での実習を通して自律的に看護を実践する。看護実践では、看護の対象へのケアに加えて、保健・医療・福祉関係者との連携や協働、社会資源の活用、看護マネジメント、関係者との調整や相談、教育なども必要に応じて計画し、個人又は集団に実施する。

在宅看護実習を含む

実習科目(単位)

総合看護実習(3単位)

実習内容

地域や在宅で生活する人とその家族が必要とする総合的なケアを立案し、多様な施設での実習を通して自律的に看護を実践する。看護実践では、看護の対象へのケアに加えて、保健・医療・福祉関係者との連携や協働、社会資源の活用、看護マネジメント、関係者との調整や相談、教育なども必要に応じて計画し、個人又は集団に実施する。

備考

在宅看護実習を含む

<助産師課程における実習>

実習科目(単位) 実習内容

助産学実習Ⅰ(9単位)

マタニティサイクル各期の母児とその家族を対象とした助産過程を展開し、助産ケアの実践を通して助産学に必要な理論と原理、原則及び知識・技術・態度を学修する。継続事例を通して、正常な妊娠・分娩・産褥期のケアを実践し、母児の安全・安楽な妊娠・出産や育児への支援のために必要な、助産師としての役割・責務を身につける。

助産学実習Ⅱ(2単位)

助産学実習Ⅰを踏まえ、助産学の基本的知識をもとに総合的に判断し、対象に応じた助産と診断に基づくケアができる能力を修得する。関係する他職種、多機関との連携ができる能力を養う。さらに、開業助産師の地域における母子保健活動及び助産所業務の管理運営の実際を学修する。

実習科目(単位)

助産学実習Ⅰ(9単位)

実習内容

マタニティサイクル各期の母児とその家族を対象とした助産過程を展開し、助産ケアの実践を通して助産学に必要な理論と原理、原則及び知識・技術・態度を学修する。継続事例を通して、正常な妊娠・分娩・産褥期のケアを実践し、母児の安全・安楽な妊娠・出産や育児への支援のために必要な、助産師としての役割・責務を身につける。

実習科目(単位)

助産学実習Ⅱ(2単位)

実習内容

助産学実習Ⅰを踏まえ、助産学の基本的知識をもとに総合的に判断し、対象に応じた助産と診断に基づくケアができる能力を修得する。関係する他職種、多機関との連携ができる能力を養う。さらに、開業助産師の地域における母子保健活動及び助産所業務の管理運営の実際を学修する。