loading...
ご挨拶・沿革
ご挨拶・沿革

ご挨拶

一宮研伸大学は2017年4月に開学し、2019年度は第三回生の学生諸氏を迎えることができることを大変うれしく思います。本学は1971年に医療法人大雄会が設立した大雄会一宮高等看護学院にその起源を求めることができます。当時の医療法人大雄会理事長であった伊藤 研先生は病院医療の質はそこで働く看護婦によって決まるとの強い信念のもとに多くの困難を乗り越えて正看護婦の教育・養成を開始しました。専門学校は2005年までの35年間に約1300名の卒業生を輩出しその役割を終えました。2004年には時代の要請に応じて教養あふれる優れた人間性と高度な専門性を有する看護師を養成する目的で、学校法人研伸学園・愛知きわみ看護短期大学が設立され短期大学における看護教育が開始されました。

わが国の医療を取り巻く社会情勢の変化はさらに加速しており、看護職が対応すべき役割が急速に拡大していると同時にこれまでとは比較にならないような先鋭化された専門性が要求されています。本学園はこのような時代の変化を的確に捉えて、その要請に応えるべく10年余にわたり運営してきた愛知きわみ看護短期大学を改組して2017年に4年制の一宮研伸大学看護学部の開設に至りました。

“看護”は苦しむ人に手を差し延べて安楽な状況になるよう援助するという人間の本質・本能に基づく行為であり、看護師は苦悩する者の為に戦う役割を担う者であります。医療人にとって看護を実践するための論理と客観性に裏打ちされた科学性と人を思いやる気持ち(情緒性)こそが重要な資質であります。学生諸氏におかれては、本学での4年間の学習を通して看護の本質や生き甲斐について深く学ばれ、自身の夢の実現に向けて邁進されることを願って止みません。

約半世紀にわたり引き継がれてきた本学の看護教育の基本理念は、幅広い人間性を備え、深い知識と優れた技術を有し、人類愛にあふれた実践力のある優秀な看護師を養成し社会に輩出することであります。それは学校法人研伸学園の使命でもあります。また、本学の教育の方針は学生一人ひとりの個性を尊重し、専門性の高い教育を丁寧に実践・学習してもらうことで学生および保護者の皆様の目標を達成できる体制の充実を図ることを旨とし、これを達成すべく教職員全員が一丸となって対応してまいります。

障害の職業生活を通じて、社会に貢献していかれることを心から期待したします。

障害の職業生活を通じて、社会に貢献していかれることを心から期待したします。

土井まつこ

ー宮研伸大学は、1971年に創設された高等看護学院から約半世紀にわたる看護教育の歴史を持つ大学であり、2017年4月に開学し、2019年4月には3回生を迎えました。

本学が専門学校から四年制の大学へ転換してきた背景には、高度医療の進展と我が国における医療の提供体制の変化があります。病気を治癒すことに主眼を置く医療から、病を抱えながら生活する患者とその家族を対象とし、生活を主眼におきながら支援していく「治癒し支える医療」への進展がみられます。こうした保健医療を取り巻く環境の変化に伴って、看護にも多様な役割が期待されるようになり、質の高い看護職人材の確保のために大学レベルの教育が期待されるようになってきたと考えられます。今日では3. 3大学に1校が看護学部といわれるように急増し、看護学士への道が大幅に開かれてきています。また、従来の看護師、助産師、保健師のみでなく、特定の専門分野を持つ専門看護師、認定看護師などの高度実践看護師や、研究者、教育者へのキャリアも拡大しています。

大学での4年間は、青年期から成人期にある過渡期ともいえる時期です。自分を振り返り、新しい段階へと飛躍を考えるチャンスを作ります。新しい学びの仲間、助け合う仲間をつくりながら、たくさんの専門分野の学びを自分の未来と結びつけて考えることこそ、大学での自分の学びをかたちづくるものと思います。高校までの学びと大学での学びの違いは、何を学ぶかはあなたが決めなければならないことです。自分の中に眠っているかもしれない能力を発見し、その能力を開花させてこそ、社会へ出てから有利な条件で活躍できることになります。自分のなかにある宝物をみつけましよう。

看護専門職を目指す皆さんの前途は洋々としており、その夢を実現していかれることを、そして生涯の職業生活を通じて、社会に貢献していかれることを心から期待いたします。

「看護とは何か」を共に探求しましょう

「看護とは何か」を共に探求しましょう

小林たつこ

「看護の仕事は快活な、幸福な、希望に満ちた精神の仕事です。熱心で、明るい、活発な女性こそ本当の看護師といえるのです」※とナイチンゲールは述べています。

その時代から150年余りたった現在、看護という仕事の重要さが認められ高く評価され、人々の生活の中になくてはならない職業となっています。しかし誰でもがなれるものではなく、人々の幸せを願い深い知識を持って、心を込めて援助できる品性を備えた看護師を目指したいという、崇高な志を持った学生達がこの看護の道を歩み始めております。それはまた人間として、より良い生き方にも通ずるものです。このような前途洋々たる学生たちに対し、真の看護教育とは知識や技術を教えることが究極ではなく、品格と教養は看護の基盤であり、その涵養に教員自ら範を示しつつ、立派な人間となるべくまた優秀な看護師となるべく学生の未来を見据えて教育していきたいと思っております。

看護とは、柔らかな若葉に5月の陽ざしがそそぎ、こぼれ陽のようにやさしく人々を包み癒し、また希望や元気を与えるようなそんな上品な陽ざしそのものであると言われています。このような看護ができる看護師の育成に向けて、学生の皆さんと共に学び探求し、楽しく充実した成長過程の大学生活となるよう教職員一同、皆様との出会いを楽しみにしております。

※(ナイチンゲール書簡集山崎書店p100,1964.)

沿革

  • 1971年4月
    大雄会一宮高等看護学院 開学
  • 1977年4月
    学校教育法の改正に伴い、校名を大雄会一宮看護専門学校に改称
  • 1990年4月
    大雄会一宮看護専門学校を現在地へ移転
  • 2002年7月
    学校法人・看護短期大学設置準備委員会設置
  • 2003年11月
    文部科学省から学校法人研伸学園 愛知きわみ看護短期大学 設置認可
  • 2004年4月
    愛知きわみ看護短期大学 開学
  • 2009年7月
    診療情報管理士の(社)日本病院会指定校認可取得
  • 2011年3月
    財団法人 日本短期大学基準協会より平成22年度第三者評価の結果 適格と認定
  • 2011年7月
    日本私立看護系大学協会年次総会において理事校に認定
  • 2012年7月
    愛知きわみ看護短期大学同窓会設立
  • 2016年10月
    文部科学省から学校法人研伸学園 一宮研伸大学 設置認可
  • 2017年4月
    一宮研伸大学 開学
    愛知きわみ看護短期大学 学生募集停止